JUST ANOTHER

JUST ANOTHER

20201024日(土)より
新宿K’s cinemaほかにて
ロードショー!

以降、全国順次公開!

Introduction

なぜ、それでも
彼らはやり続けるのか―。

結成38年、
日本を代表するパンクバンド
the原爆オナニーズ。
キャリア初のドキュメンタリー映画で
明かされる真実―。

1982年、名古屋でTHE STAR CLUBに在籍していたEDDIEと地元のパンク博士とも言えるTAYLOWを中心に結成。38年にわたり名古屋を拠点にパンクロックを演奏し続ける。まさに日本が世界に誇る現役キャリア最長のパンクロックバンドである。バンドは数度のメンバーチェンジを繰り返し、後に遠藤ミチロウが率いるザ・スターリンやBLANKEY JET CITYに加わる中村達也やHi-STANDARDの横山健が在籍したことでも知られている。

インパクト絶大のバンド名はSEX PISTOLSを文字って付けられたが、“原爆”、“オナニー”と言うワードについて「このバンド名に嫌悪感などの反応を持ち、核・反戦について問題提起が出来れば良い。」とTAYLOWは述べている。メンバーはTAYLOW (vox)、EDDIE (bass guitar, vox)、JOHNNY (drums)、SHINOBU (guitar)。活動の拠点は結成以来、地元愛知に拘り、当時は当たり前であったプロになる事は目指さずに定職を持ち、そして60歳を超えた今でもパンクロックをやり続けている。

キャリア初となるドキュメンタリー映画『JUST ANOTHER』では、これまで語られる事のなかったバンド内部の真実が本人たちによって遂に明かされる。

大石規湖監督、
劇場公開第二弾!
どうしても記録しなくては
ならなかった、
ベテランバンドだけが
辿り着いた境地。

映像作家、大石規湖(おおいし・のりこ)は地下レーベルLess Than TV主宰の谷ぐち順、YUKARI、共鳴の家族とその仲間たちに密着したドキュメンタリー映画『MOTHER FUCKER』(2017年)で映画監督デビューを果たし、次回作の構想を練っていた。

2018年9月名古屋の“今池まつり”で老若男女を熱狂させている地元が誇るパンクバンド“the原爆オナニーズ”のライブを目撃する。その衝撃は彼女に彼らの活動を記録することを即座に決断させた。彼女が興味を持ったの単純ないくつかの疑問だった。なぜこのバンドは愛知県を拠点にし続けているのか。なぜバンドに専念しないで仕事をしているのか。なぜ歳を過ぎて今なお激しいパンクロックに拘っているのか。それだけだった。日頃から若いバンドが活動と生計の両立に苦しむ姿を目の当たりにしているからこそ、どうしても知りたい興味が湧いたのだ。しかし密着を始めると次第に浮き彫りになってきたのは、メンバー同士では決して口に出さない互いへの揺るぎない信頼、バンドと言う奇跡のバランス、そこにしか存在しない唯一無二の正義……。バンドの内部でしか知る由も無い事実が次々に浮かび上がって来た。そして、なぜ彼らが40年にわたりパンクロックを続けられるのか、その理由が少しだけ分かってくるのだった。

このドキュメンタリーは全てのバンドマンに活動し続けるヒントを圧倒的なパワーで届けるだけでなく、未曾有のコロナ禍の中で日常を奪い去られても生きていかなくてはならない我々に、それでもやり続ける力を与えてくれるに違いない。

『JUST ANOTHER』
出演:
the 原爆オナニーズ <TAYLOW、EDDIE、JOHNNY、SHINOBU>
JOJO広重、DJ ISHIKAWA、
森田裕、黒崎栄介、リンコ 他
ライブ出演:
eastern youth、GAUZE、GASOLINE、
Killerpass、THE GUAYS、横山健
企画・制作・撮影・編集・監督:大石規湖 
宣材写真:菊池茂夫
1.78:1|カラー|ステレオ|90分|2020年|日本
配給:SPACE SHOWER FILMS
©2020 SPACE SHOWER FILMS

the原爆オナニーズ

日本を代表するパンクバンド〈the原爆オナニーズ〉。 1982年、名古屋で〈THE STAR CLUB〉に在籍していたEDDIEと地元のパンク博士とも言えるTAYLOWを中心に結成。

詳しい年表をみる

  • 83年

    ドラマーTATSUYA(中村達也 ex. BLANKEY JET CITY)とギタリスト良次雄(現GOD)が〈ザ・スターリン〉に参加するために脱退、直後にギタリストSHIGEKIとドラマーMAKOTOが加入。

  • 84年

    自らのレーベル“ティン・ドラム”より『JUST ANOTHER』『NOT ANOTHER』の2枚のEPをリリース。これらには現在でもライブで演奏されている「発狂目醒ましくるくる爆弾」「NO NO BOY」「LIFE IS A GAMBLE」などの代表曲が収録されている。

  • 85年

    〈ザ・スターリン〉を脱退し〈GOD〉に参加していたTATSUYAが復帰し、アルケミー・レコードより1stアルバム『NUCLEAR COWBOY』をリリース。このアルバムにも現在でもライブで演奏される「FUCK ALL」などが収録。日本のパンクロック史を代表する作品となっている。

  • 86年

    再びTATSUYAが脱退し現ドラマーのJOHNNYが加入、TATSUYAは〈THE STAR CLUB〉に参加。

  • 87年

    ノイズバンド〈非常階段〉との合体ユニットのライブを敢行。音楽性の懐の深さを見せつける。同年〈ティン・ドラム〉からミニ・アルバム『パンクロックの素晴らしき世界』をリリース。

  • 88年

    初期EPや1stアルバム、未発表テイクなどを編集した『ESSENTIAL』をアルケミー・レコードよりCDとしてリリース。

  • 89年

    2ndアルバム『GHQ』リリース。

  • 90年

    今池のライブハウス“オープンハウス”で収録したライブアルバム『ON TIME』リリース。

  • 91年

    3rdアルバム『DESERT ISLAND DISC』をリリース。

  • 92年

    初のアメリカ西海岸ツアーを行いMAXIMUM ROCKNROLL誌で2ページのインタビュー記事が組まれるなど海外からも熱い注目を集めるバンドとなる。ちなみにこの時は元DEAD KENNEDYSのジェロ・ビアフラも観に来ておりメンバーとの交流もあった。

  • 93年

    最もハードでヘヴィな作品と言われている4thアルバム『ALL THE WAY』をリリース。

  • 94年

    『ESSENTIAL』以降の3作からメンバー自身が選曲したベスト『QUALITY CONTROL』をリリース。

  • 95年

    再びアメリカツアーを行い、1stアルバム『NUCLEAR COWBOY』のCD化。

  • 96年

    “ティン・ドラム”からリリースされていた初期の音源を『TIN DRUM YEARS』としてCD化。

  • 97年

    オリジナルとしては4年ぶりとなる5thアルバム『STEP FORWORD』を97年にリリース。

  • 98年

    12月に27曲入りの究極のベスト・アルバム『NUCLEAR GROOVE』をリリース。

  • 00年

    8月の千葉マリンスタジアムで行われた“AIR JAM 2000”に参加。

  • 01年

    4月にシングル『I WILL / I DONʼT』をTRIPPINʼ ELEPHANT RECORDSよりリリース。12月にギタリストのSHIGEKIが海外転勤により突然脱退。元ASHESのSHINOBUが加入。

  • 02年

    バンド結成20周年の2002年には東名阪でTHEE MICHELLE GUN ELEPHANT、GAUZE、BBQ CHICKENS、BAREBONES、MOGA THE ¥5、BRAHMANなどをゲストに記念イベントを行い、10月にHi-STANDARD、BBQ CHICKENSのギタリスト横山健が電撃的な正式加入を果たす。

  • 03年

    5月に前年の20周年記念ライブを収録したライブアルバム『FIVE LIVE』+既発曲8曲を録り直したスタジオ盤『PIN UPS』の2枚組CD『FIVE LIVE the原爆オナニーズ』を〈PIZZA OF DEATH〉よりリリース。同年12月には通算6枚目、横山健加入後、初となるオリジナルアルバム『PRIMAL ROCK THERAPY』をTRIPPIN’ELLEPHANT RECORDSからリリース。

  • 04年

    横山健が脱退し、SHINJI(ex.雷矢)が加入。

  • 09年

    9月SHINJI脱退。再び4人編成となる。10月に〈ザ・スターリン〉の遠藤ミチロウと合体ユニット第2弾となる〈原爆スター階段〉のライブを汚物まみれの新宿ロフトで行う。

  • 10年

    3月、久々に名古屋のスタジオでレコーディングした7thアルバム『SOLID』リリース。

  • 12年

    10月、結成30周年記念ライブを京都大学西部講堂で行う。

  • 14年

    1月、パンキッシュなアイドルグループ〈BiS〉と、合体ユニット第3弾〈原爆BiS階段〉のライブを名古屋クラブクアトロで行う。同年5月 “Yes,We Love butchers~Tribute to bloodthirsty butchers~:The Last Match”にブッチャーズの初期のライブ定番曲「サイレンサー」で参加。

  • 15年

    10月、〈奇形児〉と合体ユニット第4弾〈原爆奇形階段〉のライブを新宿アンチノックで行う。個性の強いバンドの合体ならではのロック的なニュアンスを強烈に表現する。

  • 16年

    8月、“ソウルフラワー・ユニオン&ニューエスト・モデル 2016トリビュート”にニューエスト・モデルの「オモチャの兵隊」で参加。

  • 17年

    5月、“みんな大好き the 原爆オナニーズ 結成35周年記念 西部講堂ワンマンライブ”を京都大学西部講堂で行う。同年10月、テイチクからアルケミー時代の音源をリマスターしたベスト・アルバム『ATOMIC GARDEN』をリリース。

  • 19年

    2月、毎年恒例となっている名古屋クラブクアトロでの“お年玉GIG”で“TAYLOW & EDDIE ダブル還暦スペシャル”をThe Birthday、BAREBONES、SLIP HEAD BUTTをゲストに迎え行う。来日する海外のバンドからの共演依頼も多く、これまでに、FUGAZI、UK SUBS、D.O.A、COCKNEY REJECTS、JETS TO BRAZIL等のバンドとの共演を果たしている。

  • 20年

    キャリア初のドキュメンタリー映画『JUST ANOTHER』公開。

TAYLOW the原爆オナニーズ/VOX

1958年3月、愛知県豊田市生まれ。以降現在に至るまで豊田市に在住。社会人になってから、the原爆オナニーズに加わる。ザ・ビートルズ以降の主だった音楽を同時代体験。1978年に初渡英し、ロックの変革を肌で感じ取る。1980年2月にロンドンでワイアーを見た事で、パンク幻想をなくし、等身大のロックのあり方を求めるようになる。雑誌DOLL増刊「パンク天国1~4」、パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド(監修:行川和彦)に執筆。80年代初頭の英国のユースカルチャーを描いた映画「THIS IS ENGLAND」の字幕監修を行う。

“今池ハードコアは死なず”

自分で言うのもなんだけど、愛知&名古屋って不思議なエリアだよね。“ハードコア”が、ごく一般的に認知されているんだから。新型感染症を乗り越えるため今池商店街の心意気は、“今池ハードコアは死なず”。the原爆オナニーズの地域に密着した日々を覗いてください。

TAYLOW

EDDIE the原爆オナニーズ/BASS GUITAR, VOX

1958年9月、愛知県名古屋市生まれ、名古屋市在住。ジャック・ブルース、メル・サッチャーに憧れ、中2でベースを始める。高1で本格的にバンド活動を開始。ブリティッシュロックの雄、フリーのベーシスト、アンディ・フレイザーの独特なプレイスタイルに影響を受ける。1977年春、ヒカゲに誘われ、ザ・スタークラブを結成。1979年今池芸音劇場でフリクションのステージを目の当たりにし、唯一無二のベースプレイを強く意識するようになる。社会人2年目の1982年春、3枚目の自主制作レコード発表後、ザ・スタークラブを脱退。解散していた原爆オナニーズの再始動を良次雄(現THE GOD)に呼びかけ、the原爆オナニーズに加入。38年経過し、還暦後も一般企業に在籍しつつ、ベース一筋でバンド活動を継続中。

大石監督の力量に感服

2018年今池祭りで賑わう街中で何気ない挨拶をしてから1年、自分にとってはありふれたバンド活動を様々な角度から切り込んで、臨場感あふれる作品に仕上げてくれた大石監督の力量とセンスに感服。ライブの音もファンのみんなも最高だ。いつもと少し違うthe原爆オナニーズを楽しめると思います。

EDDIE

JOHNNY the原爆オナニーズ/DRUMS

1963年5月、名古屋市中区生まれ。中日ドラゴンズをこよなく愛する生粋の名古屋人。学生時代、かぐや姫や、吉田拓郎に憧れ『フォークシンガー』であったが、先輩の一声でドラマーへ。卒業後も数々のバンドを渡り歩き、1986年にthe原爆オナニーズに加入。現在に至るまで、バンドの屋台骨をずっと支え続けているが、未だ会場スタッフに「ここから先は、関係者以外入れません!」と言われ、ドラゴンズのロゴの入ったウインドブレーカーを着ていると球団職員?と言われている『うす~い人』である。数年前から、あいみょんに傾倒。一緒にフォークデュオをやってくれないかと思い始めている。

心のどこかに

監督の大石様、そして、この映画に携わっていただいた全ての方々に感謝いたします。そして、沢山の方々に観ていただきたい!と、本当に思っています。この映画は、観賞後、音楽にあまり興味をもたれない方でも、心のどこかに何か置かれたものを感じると思います。それが、何であるのか? それをどうしたらよいのか? それは、誰にもわからない。だって、ドキュメンタリーだから。

JOHNNY

SHINOBU the原爆オナニーズ/GUITAR

1969年11月24日愛知県春日井市生まれ。現在は名古屋市に在住、14才の時に今池芸音劇場でパンクロックのライブを見て衝撃を受けバンド活動を始める。1986年名古屋のAshesと言うバンドに加入、名古屋を中心に活動、1992年解散、2001年12月31日にthe原爆オナニーズのライブに登場して今に至る。

本当にあった
原爆オナニーズの話

実に生々しく見たまま、そのまま体感することができると思います。大石監督が言っていた通り、映像は嘘をつかないと言う真実を納得しました。自分としては、とても恥ずかしい場面も有りますけど、これが本当の自分達の姿だと感じています。想像よりも、遥かに楽しめるはずです。大石監督間違いないです!!

SHINOBU

Cast

  • JOJO広重 非常階段/アルケミーレコード代表
  • DJ ISHIKAWA
  • 森田裕 Open house/TOKUZO オーナー
  • 黒崎栄介 HUCK FINN店長
  • リンコ the原爆オナニーズ/スタッフ

Director

監督: 大石 規湖 (おおいし・のりこ)

フリーランスの映像作家として、SPACE SHOWER TV や VICE japan、MTV などの音楽番組に携わる。トクマルシューゴ、 DEERHOOF、DEATHRO、怒髪天など数多くのアーティストのライブ DVD やミュージックビデオを制作。独自の視点で切り取られたライブ映像、特にワンカメでのライブシューティングには定評があり、音楽に関わる作品を作り続けている。
映画では『kocorono』(2010年/川口潤監督)で監督補助を担当。さらにLess Than TVを追ったドキュメンタリー映画『MOTHER FUCKER』(2017年)で映画監督デビュー果たし、本作『JUST ANOTHER』は劇場公開2作品目となる。

自分たちの場所で、仲間、家族と、自分たちの時間軸で続けている人たちが一番強い、と感じながら作った映画です。この映画はコロナ禍になる前に完成したものですが、その気持ちは今でも変わりません。そんな人たちの“日常”が続いていってほしいという想いをこめて。そして映画を通してライブを体感してほしいです。是非観てください!

大石規湖監督

Comments

バンドを続ける喜びも面白さも葛藤も醍醐味も、ハレとケが入り混じった日常のドラマも、すべてここに詰まっている。バンドとは即ち社会の縮図であり生活の断面であり人間存在そのものなのだ。「the 原爆オナニーズ」という、最初からメジャーになることなどまったく考えていないバンド名からして、覚悟を決めなければできないことだし、自分に必要なのはこれだけで、ほかはいらない、求めないという姿勢は終始一貫している。誰にも遠慮しない、忖度しない。打ち上げ花火のように一瞬輝き燃え尽きていくだけではないパンクのあり方。それがこのバンドの強さと感じた。

小野島 大 (音楽評論家)

the原爆オナニーズ「JUST ANOTHER」を観させていただいた。 結成38年を迎える大ベテランの彼らだが、今作は結成から今までを追ったディスコグラフィー的ドキュンタリーではなく、現在の彼らを余すことなく映し出した現在進行形の映像作品になっている。 多くのバンドが仕事と音楽の狭間で生きている。そして多くのバンドが音楽だけで成り立つ世界を目指して日々精進する中、the原爆オナニーズは結成当初から就職をし、バンド活動と社会生活を両立させながら続けている。ごく自然に。 コロナ渦で断ち切られた日常、そしてバンド活動がコロナ後の世界でどう反映されるのかわからないが、the原爆オナニーズが辿った38年で彼らが続けてきた普遍的な音楽活動を今映像から知ることでそのヒントが得られるのかもしれない。

GUY (Blood Sucker Records)

タイロウさんが言われたようにこの映画には山場のようなものはない。
グッと心を掴まれて泣いてしまう感じでもない。
ただ、いつのまにかメンバーそれぞれと対話している感覚に陥っていた。
もっと詳しく言うと、the原爆オナニーズのメンバーそれぞれと自分だけがここにいる。
そんな感覚だった。

凄いことをやり続けているのにそれを坦々と語るタイロウさんの話をずっと聞いていたいと思う俺、
無口で近寄りがたいエディーさんの微笑みに心までもほどけてしまう俺、
真摯にドラムを叩くジョニーさんが話すバンドと子育てのバランスに共感するばかりの俺、
楽観的に見えるシノブくんに苦悩する部分を見て励ましたくなる俺、

この続きもっと見ていたい、心からそう思った。

弓削 “Yumikes” 勝隆 (MCR COMPANY)

the原爆オナニーズは誰も走ったことのない道を「揺れない」リズムで一歩ずつ踏み締めていく。そして今日も最長記録を淡々と更新し続けている。

森直人 (映画評論家)

Theaters

  • 都道府県
  • 劇場
  • 公開日
  • 特別鑑賞券
  • 都道府県 東京
  • 劇場 新宿Kʼs cinema
  • 公開日 10/24(土)~
  • 特別鑑賞券
  • 都道府県 京都
  • 劇場 出町座
  • 公開日 12/11(金)~
  • 特別鑑賞券
  • 都道府県 広島
  • 劇場 横川シネマ
  • 公開日 上映日未定
  • 特別鑑賞券 ×

※窓口での特別鑑賞券販売がある劇場での取扱いは公開初日の前日までとなります。

Trailer

Pagetop

ステッカー付き
特別鑑賞券発売中!
1,400円(税込)

くわしくはこちら